rocksだけど、roxと書いてしまう心理

「岩」の複数形は英語で rocks ですが、これを正しいスペルで書くことは意外と難しいのです。1年生の心理では、/r/ /o/ /x/ と聞こえるので、rox と書いてしまいます。


そんな時は、「じゃぁ岩が1つのときはどういうの?」と尋ねます。

すると、「/r/ /o/ /k/」と答えが返ってきます。


そうしたらしめたもので、rock と書いてくれます。

ここで、roc や rok と書く子もいます。

音的には合っていますが、とうぜんスペルは違います。


そこで、「単語の最後に聞こえる/k/は ckと書く」と「短母音の後に聞こえる/k/の音はckを使う」というスペルのルールを思い出させます。


すると、rock と書いてくるので、そこで初めて「じゃぁ岩が2つあるときには何ていうの?」と問い、/r/ /o/ /x/ と言わせ、rocks と書かせませす。


そんな一部始終が収められているのがこちらの動画になります。

1年生のクラスでは日常茶飯事な光景です^^




閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示